ワキガが酷くなるのは夏だけじゃない?

ワキガというと汗をかく夏のイメージですが、実は冬にもワキガは存在します。
しかも、夏は大丈夫でも冬になるとワキガ臭が気になるという状態にもなります。

 

コートを脱いだときになんとなく臭いと感じたことがある人もいるかもしれません。
それこそが冬ワキガなのです。

 

冬ワキガには冬という季節が体の働きに及ぼすことが大きく影響しています。
夏と冬の体の変化が冬ワキガを発生させるのです。

 

冬ワキガになる理由は?

夏と比べて冬の体の変化は、寒いために汗をかきにくくなったり、水分の摂取が減ってしまうことなどから起こります。

 

人は季節問わず汗をかいていますが、その量は夏と冬では差があります。
夏は汗腺が活発に働くことから、さらっとした汗がたくさん出ます。
その汗は、皮膚の老廃物を流し、皮膚に老廃物がたまるのを防ぎます。

 

しかし、冬は寒いので、汗腺が活発に働きません。
さらに、水分の摂取が少ないため、出てくる汗の量は少なくなります。
皮膚の老廃物が皮膚にたまりやすくなるほか、アポクリン腺から出る汗の割合が増えてしまうため、ワキガの原因となる汗が脇の下にたまりやすくなるのです。
そして、それがワキガの臭いにつながっていきます。

 

このように、脇の下の環境が非常に悪くなってしまうため、夏にはワキガ臭がしなかった人も、冬にだけワキガになることがあるのです。

 

さらに、ワキガの原因となるアポクリン腺からの汗が脇の下にたまるだけでなく、冬は厚着をすることによって通気性が悪くなり蒸れやすくなります。
臭いの原因となる汗が蒸れによりさらに臭いを発することとなり、服を脱ぐときに臭うといった状態になるのです。

 

冬ワキガへの対策方法は?

冬ワキガの対処として最も重要なのは、悪くなっている汗腺の働きをよくすることです。
汗腺の働きが低下しているため、汗の量が減ってしまうので、汗腺の働きを高めて汗の量を増やしてあげるのです。

 

それには体をよく暖めてあげることが重要です。
毎晩、しっかりお風呂に入り、汗をかくくらいまでつかります。
半身浴も効果的です。
もちろん、可能であればサウナなどでよく汗をかくことも有効です。

 

さらに、脱水を防ぐため、水分補給も行う必要があります。
その際、冷たい飲み物は体を冷やすため、暖かい飲み物か常温の飲み物を飲むようにしましょう。

 

そして、蒸れないようになるべく重ね着を避けましょう。
寒いときはどうしても重ね着してしまいがちですが、マフラーなどの小物も上手に使いながら、必要以上の重ね着をしないようにすることで蒸れを防ぎ、ワキガの悪化を防ぐことができます。