運動で体臭改善

体臭の原因のひとつに汗があります。
汗はエクリン腺から分泌されるものとアポクリン腺から分泌されるものがあります。
エクリン腺は比較的サラサラとした汗で無色透明、臭いの少ないものになっていますが、
アポクリン線はアンモニアや皮脂などが混ざり合った臭いの強い汗となっています。

 

しかし、普段から汗をかく習慣が少なくなっている私たちは、臭いが少ないはずのエクリン腺から分泌された汗も臭いが強くなっている傾向にあります。この原因は運動不足だけでなく、空調が完備されている場合も同様のことが言えます。

 

臭わない汗は良い汗とされています。
この良い汗は、汗の原料となっている血漿(けっしょう)が再吸収されて何度も繰り返して汗として分泌されます。
成分は限りなく水に近いので、とてもサラサラとしています。

 

良い汗にはアルカリ成分があまり含まれていないので、皮膚の弱酸性を弱めることが無く、肌の表面にいる雑菌の繁殖を防ぐことができます。

 

一方で、臭いの強い汗、つまり悪い汗は乳酸が大量に発生してアンモニアの臭いが混じるようになります。
これは運動不足、あるいは空調などで身体の末端が冷えることによって血行が悪くなり、全身の酸素供給がうまくいかなくなったため。

 

酸素が足りていない状態であろうとも、身体はエネルギーを必要とするため乳酸が発生するようになるという仕組みになっています。これを改善するためには、運動を行って血行を良くすること、
そして汗をこまめにかいて、汗腺の機能そのものを高める必要性があります。

 

有酸素運動で汗を流そう

 

血行を良くして汗をたくさんかくには
有酸素運動がオススメです。

 

有酸素運動は酸素を取り込みながら行う運動のことで、
脂肪燃焼効果が高くダイエットにも効果的

 

血中コレステロール値を下げて、ベトベトの汗を減少させる効果もあるので、
汗の質を良いものへと変えるには有酸素運動が最適です。

 

有酸素運動には様々なものがあります。
手軽なものであればウォーキングやジョギングなどがあります。
また、水泳はとてもカロリーを消費する有酸素運動です。
水泳を行うと、水中にいるためあまり実感はありませんがかなり汗をかきます。

 

有酸素運動を行うにあたって守りたいポイントがいくつかあります。
まずは20分以上続けて行うことです
有酸素運動は短時間だけ行ってもエネルギーの燃焼が行われにくく、長時間にわたって取り組むことで効果を発揮することができます。

 

もちろん、朝と夜に10分ずつウォーキングをして1日トータル20分の運動をする、というのもやらないよりはずっと効果的ですが、それでは汗の量は増えないと思います。
できれば1回につき20分。これを目安として行うようにしたいところです。

 

また、有酸素運動は大量の汗をかきますので、しっかりと水分補給とミネラル補給を行うようにしましょう。
特に汗をかきなれていない人は必要以上にミネラルを失ってしまう傾向にあります。
運動を始める前、そして運動の後にスポーツドリンクなどで水分とミネラルを摂取するようにしましょう。