頭からの臭い

 

 

頭が臭う、という場合には【頭皮からの臭い】と
【髪からの臭い】に分けることができます。

 

頭皮の臭いは、主に頭皮の皮脂が酸化したことや汚れの蓄積、脂漏性湿疹などの炎症が原因になっています。

 

一方髪からの臭いというのは、例えばタバコの臭いだったり、料理などの臭いなどがあります。

 

髪は臭いがつきやすいというのは誰もが知っていること。ロングヘアの女性であれば、髪の表面積は身体と同じくらいあるとされています。

 

髪が長ければ長いほど、臭いの元が髪に付着して強い臭いを放つリスクが高まると言えます。

 

髪に臭いがつきやすいのは、髪の表面を覆っているキューティクルに臭いの分子が入り込むためです。
キューティクルが乱れている、
いわゆるダメージヘアだとキューティクルの開きが大きくなっているため臭いがつきやすくなります

 

頭から臭いがする、と感じた場合は、
まず頭皮からの臭いなのか髪からの臭いなのかを判断するようにしましょう。

 

髪の臭いが気になる場合には洗髪を行って清潔を保つことで改善することができます。
また、普段から髪をトリートメントしてダメージヘアを軽減させることが髪の臭い対策に繋がります。

 

頭皮の臭いの原因と対策

 

頭皮の臭いの原因というのは実に様々です。
ここでは臭いの原因と対策について紹介していきます。

 

汗による臭い対策

 

頭皮は思っている以上に汗を分泌しています。

 

頭皮には多くの皮脂腺が存在しているので、この汗と皮脂が混ざり合った混合液が酸化することによって乳化し、
強い臭いを発するようになります。

 

例えば身体を使う仕事をしている人や、
長時間帽子やヘルメットを被る仕事をしている人は汗が原因となって頭皮の臭いが強くなる傾向にあります。

 

これを改善するためには、頭皮の清潔を保つことが一番大事です。
毎日のシャンプーでしっかりと汚れや皮脂を洗い流して清潔にしましょう

 

ただし、シャンプーは1日1回までに留めます
過度なシャンプーは頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌バリア機能の低下、つまり炎症を起こしやすい状態を作り上げてしまうからです。夏場などに汗をかいたときにはシャワーで流すだけで十分効果があります。

 

炎症による臭い対策

 

頭皮に炎症が起こっている場合、頭皮の臭いが強くなる傾向にあります。
慢性的なかゆみがあったり、赤みや湿疹が出来ているようだと炎症を起こしていると考えることができます。
炎症をそのまま放っておくと、無意識のうちに爪をたててかいてしまって頭皮を傷つけ、さらに悪化させる可能性もあります。

 

炎症を引き起こす原因はシャンプーのしすぎや紫外線、不潔などが挙げられます。

 

中でも脂漏性湿疹は臭いだけでなく薄毛や脱毛にも直結する炎症ですので、
抗炎症作用のあるシャンプーを利用したり、刺激の少ないアミノ酸系シャンプーなどを活用しましょう。
なお、炎症がひどい場合には皮膚科医に相談することをオススメします。

 

正しいシャンプーを

 

普段何気なく行っているシャンプーですが、方法を誤ると頭皮の臭いの原因になります。
最も多いのがシャンプーのすすぎ残しです。

 

市販されているシャンプーのほとんどは界面活性剤(洗浄成分)に高級アルコール系のものを使用しています。
これは洗浄力が高く、コストが低いという特徴を持っていますがすすぎ残しが多いというデメリットがあります。

 

すすぎ残しの部分から雑菌が繁殖して強い臭いを放つようになるため、
髪が短い人でも2〜3分を目安にしっかりとすすぎを行うようにします。

 

また、シャンプーでの洗い方が不十分で頭皮の毛穴に詰まりが生じているケースも少なくありません。
しかし実際には自分で十分なシャンプーを行うのは難しい部分があります。

 

そのため、誰でも簡単に頭皮の毛穴までしっかり洗うためにシャンプーブラシの活用をオススメします。
頭皮に毛先を当てて細かく前後左右に動かすだけで効果的に毛穴の詰まりを解消することができます。