糖尿病による体臭への影響

糖尿病は生活習慣病の中でも比較的知名度の高い病気です。
糖尿病のやっかいなところは自覚症状が少ないということ

 

気が付いたら糖尿病が進行していて合併症を併発していた、というケースがとても多いです。
体臭は糖尿病にかかると変化します。
これを身体からのサインだと敏感に察知して、早期治療、早期回復を行うようにしましょう。

 

体臭でわかる糖尿病サイン

 

糖尿病になると、体臭は甘い香りに変化します。
糖尿病は正常な糖代謝、つまり糖をエネルギーとして使用することが上手くできない状態のことをいいます。

 

そのため、
高血糖の状態が慢性化して様々な弊害を引き起こすようになります。

 

糖尿病になると、糖からのエネルギーを上手く利用することが出来なくなってしまうため、体内に溜め込んでいた脂肪を分解して脂肪酸にし、この脂肪酸をエネルギーとして活用します。

 

このときにケトン体という物質が生成されるのですが、ケトン体は独特な甘酸っぱいにおいを発します。
これが糖尿病による体臭の変化の原因です。

 

また、糖尿病になると体臭が甘酸っぱくなるだけでなく汗の臭いにも変化がみられるようになります。
糖尿病になると、脂質を多く含んだ汗、いわゆる脂汗をかきやすくなるという特徴があるので、
この汗に含まれている脂質が空気によって酸化し脂っぽい汗の臭いになります

 

脂汗は健康な人でも分泌されていますが、糖尿病の人の脂汗は臭いが強い傾向にあります。

 

さらに糖尿病は免疫力低下を引き起こす病気ですので、身体に雑菌などが繁殖しやすくなって体臭が強くなる場合が多いです。汗をかいたら小まめに拭き取るようにしたり、シャワーで洗い流すなど雑菌を繁殖させにくい清潔な肌を心がけるようにしましょう。

 

糖尿病チェック

糖尿病は自覚症状が少ないので、普段から意識していなくては手遅れの状態になりがちです。
次のチェックを行ってみて、項目が多く当てはまれば当てはまるほど糖尿病のリスクが高まります。

 

食べても体重が減る
以前より食欲が異常に高まった
喉が渇きやすくなった
トイレが近くなった
尿の臭いが気になる
疲れやすくなった
慢性的なダルさを感じる
目のかすみや視力の低下を感じる
手足のしびれや冷えがある
皮膚がかゆい
気が付いたら怪我をしていた
傷が治りにくくなった
身体がむくみやすくなった

 

ダイエットも似たような症状

 

糖尿病による甘酸っぱい体臭はダイエットをしている人にも見られる場合があります。
ダイエット中は食事制限を行うことによって身体は常にエネルギー不足に。

 

すると今まで身体に溜め込んでいた脂肪をエネルギーとして利用するようになるため、糖尿病とまったく同じメカニズムでケトン体が生成されて甘酸っぱい体臭を引き起こすようになります。

 

とはいえ、ダイエットで甘酸っぱい臭いがするようになるには炭水化物を極端に減らすなどの無理なダイエットを行わない限りは簡単には起こりません。

 

逆に言えば、ダイエットを行って甘酸っぱい体臭を感じることがあれば身体の中の糖が不足しているサインであると考えることができます。

関連ページ

体臭によってわかる体の健康状態
腎臓病や腎機能低下による体臭の変化
テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト