規則正しい生活リズムや栄養バランスの取れた食事が健康のために大事だと言われます。
身体の健康を害することによって様々な弊害が生まれますが、その中に体臭や加齢臭などもふくまれています。
ここでは生活習慣による体臭の原因とその対策方法について紹介していきます。

 

ストレスを溜めない生活習慣

 

日々の生活の中で、イライラしたり不安になったりすることは誰にでもあります。
このようなストレスが蓄積していくことによって体に様々な影響を与えます。

 

ストレスを感じると、アドレナリンや男性ホルモンの分泌が盛んになります
すると、これらが皮脂腺を刺激してしまうため、皮脂が過剰に分泌されるようになります
この皮脂は酸化することによって臭いのもとになります。

 

そのため体臭の改善や対策を行うためにはストレスを溜め込まないポジティブな考え方や、上手なストレス発散方法を見つけることが大事です。

 

喫煙や飲酒は適度に

 

喫煙や飲酒は体臭や加齢臭を増幅させる原因となっています。
身近な人で喫煙者の人や、お酒が好きな人には独特な臭いがあることが分かると思います。

 

タバコは、タバコそのものの臭いが身体に染み付くことはもちろんですが、
ニコチンによって血行不良が生じるとエネルギーの代謝が低下してしまいます。
するとエネルギーの不完全燃焼が起こって、
アンモニアや乳酸が発生するようになり、体臭がきつくなる傾向にあります。

 

一方の飲酒ですが、飲酒は血行を良くすることができますが
アルコールを分解する過程で、発生する成分が血液から全身に巡り、これが体臭の原因
になる場合があります。

 

喫煙は出来ればやめたほうが体臭だけでなく健康のためにも望ましいですが、飲酒は適度に飲む分にはストレス発散や血行促進などの良い影響もありますので、嗜む程度に抑えるようにしましょう。

 

生活習慣病に注意しよう

 

生活習慣の乱れから引き起こされるものに生活習慣病があります。
生活習慣病は糖尿病高脂血症高血圧高尿酸血症などが挙げられます。

 

生活習慣病に罹る人は、リスクを高める不健康な生活を送っていることに原因があります。
血液がドロドロになって身体の老廃物を排除する機能が低下したり、肝臓や腎臓などの機能不全を引き起こしてしまいます。生活習慣病は誰でもなりうる現代病ですので、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

生活習慣の改善は工夫を持って

 

生活習慣の改善が必要であることは誰もがわかっていることです。
しかしなかなか長続きしない人が多いのは明確な目的を持っていないケースが多いから。
体臭や加齢臭の改善を行うためにも、ひいては身体の健康のためにも生活習慣の見直しは必要です。

 

取り組むときには成し遂げるという強い意志、そして長続きさせるための工夫が必要となります。
そこでオススメしたいのがチェックシートを作ることです。
チェックシートと言っても、実際には月代わりカレンダーで十分OK。

 

例えばお酒を飲みすぎた日には【酒】と印をつけておく、睡眠不足だと感じた日には【睡眠】と書いておくだけでも意識を強く持つことができます。
また、週の始めにカロリーを過剰に摂取したと感じたら、その週の間はヘルシーな食事を心がける、などといった工夫も手軽に行うことができるのでオススメです。