自臭症について

自臭症は、
自分の臭いが異常に強いと思い込んでいる
精神疾患のひとつになります。

 

他にも自己臭症や自己臭恐怖症などとも呼ばれています。

 

症状が悪化すると、
実際には無い体臭を感じるようになるケースもあります。

 

場合によってはうつ病対人恐怖症引きこもり自殺
などが起こる場合もあるので、適切な対処が必要となります。

 

 

自臭症になりやすい人の傾向としては、几帳面な性格であったり、潔癖症である人に多く見られることが多いです。
また、幼少期に口臭や体臭について他人から指摘されてそれが心の傷、トラウマとなって発露するケースも少なくありません。

 

体臭や口臭は、生理的なもの、つまり生きている人間であれば必ず生じる部分があるのですが、これを許すことが出来ない、悪いものだと考える傾向が強いです。

 

自臭症は強迫観念のひとつとして捉えることができます。
強迫観念というのは、例えば「家の鍵をかけてきたか心配になる」「いつも同じ手順でなければ不安」などの例が挙げられます。自分の中で心の柔軟性が低下すると強迫観念に似た状態に陥りやすいです。

 

自臭症の治療方法について

 

自臭症はメンタル面に原因があるため、カウンセリングや認知行動療法などが効果的だとされています。

 

体臭や口臭は誰にでも存在するもの、生理的な臭い(例えば寝起きの口臭や汗による体臭など)は少しも異常なことではないことなどへの認知を修正する必要があります。

 

そのためには、精神科や心療内科などでカウンセリングや治療を行うことが大切です。
また、最近では歯科医で口臭外来を行っているところも多いので、これら専門医にしっかりと見てもらうことで自臭症が緩和されるケースも多くあります。