脱毛後の体臭について

脱毛エステや脱毛クリニックなどで脱毛を行ったら
普通は体臭が少なくなるとされています

 

この理由は、臭いの原因である雑菌の数が少なくなるからです。

 

雑菌は皮膚に住み着いていますが、
全体に均一に存在しているのではなく、毛穴周辺に多く住み着いています。

 

その理由は、汗腺、なかでもアポクリン腺から分泌される皮脂やたんぱく質をエサにしているからです。

 

そこで、脱毛を行うことによって毛がなくなると、最近が付着することができる表面積が減り、結果的に最近の数が減少するという仕組みになっています。

 

ところが、脱毛を契機にして逆に臭いが強くなるのはどうしてでしょうか
まず感がられるのが毛穴の炎症を引き起こしている場合です。

 

これまで毛があったために侵入できなかった部分にまで雑菌が入り込んでそこが炎症を引き起こしている可能性があります。
この場合には、肌に赤いポツポツが現れるなど、視認性のある症状が出ていると考えられます。

 

また、脱毛によって汗腺が刺激されて、アポクリン腺からの汗の分泌量が増加した可能性も考えられます。
アポクリン腺から分泌される汗は緊張やストレスなどによって分泌されるケースが多く、脱毛という肌への負担を契機にしてストレスなどに敏感な状態になり、結果的に体臭が強くなったというケースも考えられます。

 

その他にも、精神的な要因も体臭と関係があるとされています。
例えばワキの脱毛を行った場合、脱毛によってワキへの意識が強くなります。

 

普段まったく意識していなかった部分なだけに、意識が向くようになるとこれが精神的な負担になって緊張を促し、
発汗が起こるというサイクルができる場合があります。

 

これはある程度時間が経つにつれて気にならなくなる場合が多いので、気にしないことが一番。
それでもなかなか改善されない場合にはデオドラントグッズを利用したり、
ボトックス注射を活用するなどの手段が考えられます。