足のにおいにはどんなデオドラント用品がいい?9

足のにおい対策の切り札として「良質なデオドラント用品を使う」というのが挙げられますが、どんなデオドラント用品を選べばいいのでしょうか?

 

ここで、その選び方のコツをお教えします!

 

 

スプレー・ロール・クリーム、どのタイプがいい?

デオドラント用品は、大きく分けるとスプレータイプ・ロールオンタイプ・クリームタイプの3種類があります。
この中で、足のにおい対策にどれが一番おすすめなのかというと、文句なしにクリームタイプです。

 

なぜ、そんなことが言い切れるのかというと、スプレータイプには「吹きつけるだけなので、皮膚への成分の定着が浅く、汗で流れやすい」という欠点があります。
そもそもスプレータイプは、「脇の汗のために」と開発されたのが始まりですから、「汗で流れたら何度もスプレーする」という前提で作られているものが多いんですよね。

 

それにスプレータイプの成分は「制汗成分は入っているものの、今発生しているにおいは、スプレーに配合した香料のにおいでごまかすだけで、きちんと中和して抑臭する効果はあまり期待できない」というものも少なくないのです。

 

次に、ロールオンタイプですが、こちらは「制汗と今あるにおいの抑臭、その両方にすぐれており、スプレーよりは成分の定着性もある」というものが多いので「きちんと塗れば効果が期待できる」というメリットはあるのですが、ロールオンだとどうしても、足の裏はともかく、指の間や爪と皮膚の間などに成分を行き渡らせるのが不十分になってしまいます。
つまり「一番、デオドラントの成分を行き渡らせたいところに届かない」というのが欠点なのです。

 

 

メリットいっぱい!クリームタイプ

これに対してクリームタイプは、「皮膚にすりこむように塗るので成分の定着がしっかりしており、しかも、指の間や、爪と皮膚の間などにも行き渡らせやすい」という、スプレータイプやロールオンタイプではなかなか望めないメリットがあるため、一番のおすすめと言えるのです。

 

そしてさらに、良質なものであれば、制汗および、今あるにおいの抑臭だけでなく、抗・殺菌作用もすぐれており、新たなにおいを発生させない効果が高い」というメリットまで期待できるのです。

 

つまり、足のにおい対策のためのデオドラント用品を選ぶなら、

 

〇クリームタイプ
〇制汗成分が配合されている
〇今あるにおいを抑える抑臭成分が配合されている
〇抗・殺菌成分が配合されている

 

という4条件を満たすものを選ぶのがおすすめ、ということですね。
もちろん、長く使い続けるためには、成分の安全性も大切!できるだけ、無添加処方のものを選びましょう。