飲酒・喫煙と足のにおいの関係

 

飲酒・喫煙と足の臭いの関係とは?

飲酒・喫煙の習慣が、足のにおいに関係するということをご存知ですか?

 

結論から言えば、飲酒・喫煙、そのどちらの習慣も、足のにおいの悪化につながる可能性が高いのです。
その理由についてお話ししましょう。

 

 

飲酒も喫煙も、足の汗を増やしてしまう!

 

飲酒・喫煙、そのどちらの習慣も、足のにおいの悪化につながってしまう、その大きな理由として挙げられるのが、「足の汗の量を増やしてしまう」ということです。

 

お酒の場合は、アルコールによる体温上昇の発汗作用によって、そしてタバコはニコチンの交感神経刺激作用によって、エクリン汗腺からの発汗が活発になってしまうんですよ。
汗が増えた分、足の蒸れがひどくなり、においの悪化につながるのです。

 

 

飲酒はアルコール分解時のにおい物質が汗に混じる!

飲酒・喫煙と足の臭いの関係とは?

飲酒による足のにおい悪化原因は、「発汗作用による汗の増加」だけではありません。

 

体内でアルコールを分解する際に、アセトアルデヒドや酢酸などのにおい物質が大量にできてしまうのですが、こうしたにおい物質が、尿だけでなく、汗にも混じってしまうため、「汗が多くなって蒸れで雑菌繁殖する上に、におい物質まで大量に混じる」ということで、ますます足が臭くなってしまうというわけです。

 

適量を超えた飲酒をしてしまった翌日は、朝シャワーを浴びて、足をきちんと洗っておいたほうがいいですね。
また、アルコールの影響を朝まで残さないためにも、たっぷりの水分補給と、ウコンやビタミンB群などの摂取によるアルコール代謝のスピードアップをしておくことをおすすめします。

 

 

いわゆる「タバコ臭」や活性酸素も足の臭さを増幅!

飲酒・喫煙と足の臭いの関係とは?

喫煙による足のにおい悪化原因は、ニコチンによる発汗増加の他にも、「喫煙者の体から漂う、独特のタバコ臭が汗腺から出て、雑菌のにおいと混じって臭くなる」「タバコの煙に含まれる有害物質が大量の活性酸素を生み出し、これが汗に混じって皮脂汚れなどさまざまなものを酸化させ、悪臭を発生させる」などといったものが挙げられます。

 

喫煙の習慣がある人は「節煙すれば、足のにおい悪化は多少マシになるかも」と思われるかもしれませんが、タバコを吸っている限り、タバコ臭や大量の活性酸素は必ず発生しますから、やるなら節煙よりも禁煙です。

 

「まずは節煙から始め、段階的に本数を減らして最終的に禁煙する」というのはOKですが、節煙を最終目標にはしないようにしましょう。