ワキガ体質でなくとも、足はにおう!

「足のにおいが強いのは、ワキガ体質の人だけじゃないのか?自分はワキガ体質ではないから、足だって、大したにおいはしないはず」などと油断している人はいませんか?

 

その油断は禁物ですよ。
なぜなら、足のにおいというのは、ワキガ体質でない人であっても、相当強烈なにおいになっていることが多いのです!

 

なぜ、ワキガ体質でない人でも、足のにおいが強烈に臭くなってしまう可能性があるのでしょうか?
ここでは、その理由についてご説明しましょう。

 

「ほとんど無臭のはずの汗」がにおうようになる!

まずは、足にかく「汗の質」についてご説明しましょう。
足にかく汗は、「エクリン汗腺」という汗腺から出る汗がほとんどで、この汗は99%以上が水分でできており、とても不純物が少ないものです。
ですから、エクリン汗腺から出る汗というのは、本来はほとんど無臭と言っていい状態なのです。

 

ところが、エクリン汗腺から出た汗が無臭なのは「汗をかいた直後」だけ。
そこからあとは、時間が経つにつれてどんどんにおってくるようになるのです。

 

 

エクリン汗腺からの汗がにおうようになる理由

本来ならほとんど無臭のはずのエクリン汗腺からの汗が、どうして時間が経つにつれてにおうようになるのかというと・・・この汗によって、足を高温多湿の状態にしてしまうからです。

 

汗と角質が混じると、雑菌にとっては「水分も栄養分(角質のたんぱく質等)もたっぷりある」という、最高に繁殖に適した状態になってしまうんですよ。
そして、この爆発的な雑菌繁殖が、あのイヤな足のにおいの大元となるのです。

 

エクリン汗腺からの汗は、足だけに集中しているわけではなく、全身いたるところに出てくるのですが、その中でも足は「靴下と靴に包まれている分通気性も悪い上に、汗をかいたからと言ってサッと拭くこともできない」という状況なので、一番高温多湿になりやすい場所になってしまうため、においやすいというわけです。