足の裏には汗腺が多くあり、1日にコップ1杯に匹敵するほどの汗
をかくとされています。

 

この汗が靴の中で蒸れていくことによって雑菌を繁殖させる原因となり、
足の臭いに結びついていきます。

 

ブーツや革靴などを長時間履いていると、通気性の悪さから雑菌はドンドン増えていって、雑菌が発する臭いは強くなっていきます。特に女性がはくストッキングは靴下と異なって汗を吸い取る能力が無いので、蒸れが強くなる傾向になります。

 

仕事の帰りにちょっと一杯飲みに、と座敷のある居酒屋などに行くと靴を脱ぎたくないと思う人も大勢いるかと思います。
男性でも足が臭いと思われるのは嫌なものなのに、女性にとってはもっと気になるところですよね。

 

しっかりと足の臭い対策を行って、
いつでも誰の前でも足の臭いを気にしないでいられるようにしっかりと対策を取るようにしましょう。

 

靴の消臭対策

 

足の臭い対策を行う場合、毎日同じ靴を履くのはあまり好ましいとはいえません。
一日分の汗を吸収した靴の中は雑菌の温床とも言えます。

 

それを毎日繰り返せば靴自体がかなり強い臭いを放つようになってしまうので、小まめに交換することが大事。
雑菌が増えた靴はしっかりと滅菌・除菌を行うようにしましょう。

 

最も効果的なのは太陽光に当てること
通気の良い場所、例えばベランダなどに半日でも干しておくと紫外線や乾燥によって雑菌の数を大きく減らすことができます。靴の変色や劣化が気になる、という方は陰干しでもOK。
靴は普段から通気の良い場所に置くようにしましょう。

 

加えて消臭スプレーや除菌スプレーを活用するのも有効な手段の一つです。
靴専用のスプレーを使用するのはもちろん、お酢を水で薄めたものをスプレーするのも効果的です。

 

よく、靴の中に10円玉を入れておくと消臭効果が生まれると言いますが、これも実際に有効です。
10円玉に含まれている銅イオンが靴の中に繁殖した雑菌を減らしてくれます。
注意したいのはピカピカのキレイな10円玉を使うこと。

 

また、靴を洗うようにするのも足の臭い対策に有効です。
とはいえ、革靴などは水洗いするわけには行かないので中敷を洗うようにしましょう。
中敷が取り外せないタイプの靴もあるので、別で中敷を購入しておいてそれを敷いた上で靴を履くようにする、
という方法もあります。

 

足の角質ケアで臭い対策

 

足は身体の全体重を支える場所なので角質が厚くなりがちです。
この角質はしっかりとケアしてあげないとドンドン厚くなっていって、硬くなっていきます。
特に立ち仕事の人の足の角質は硬くなりやすいです。

 

角質は溜まっていくと雑菌が繁殖しやすくなって足の臭いが強くなってしまいます
さらに臭いやかゆみをもたらす水虫の原因にも。

 

足の角質ケアは、専用のピーリング剤を利用したり、専用の軽石などで落とすだけでOKです。
連日靴下やストッキングを履いている人は、休日はスリッパや裸足でいることを心がけるだけでかなり角質の出来方に違いが生まれます。

 

足の臭い対策

 

足の臭い対策に有効なのは、市販されている足専用の消臭スプレーが挙げられます。
ワキの臭いなどでデオドラントスプレーを利用する人は多いのですが、足の臭いとなるとこれらを使わないという人がいます。
足にシュッと吹きかけるだけで足の雑菌の繁殖を予防してかなり臭いを抑えることができます。

 

また、洗面器でお酢とぬるま湯を混ぜたものを作り、これに足を漬けるのも効果的です。
お酢:お湯=1:20くらいの割合で混ぜて、
足を5〜10分程度漬けておく
と足の臭いをかなり消すことができます。

 

これはお酢に含まれているクエン酸の効果によるもの。
「お酢臭くなるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことは無いので安心して利用してください。