ブーツの臭いの原因

今までは冬に履くことが多かったブーツ。
しかし最近ではおしゃれアイテムとして年中履かれるようになりました。
しかしこのブーツ、蒸れがひどくて臭いが強くなりがち。

 

ブーツが臭う、といっても原因を探れば足の裏にあります。
足の裏というのは身体の中でもトップクラスに発汗する場所であるため、通気性が著しく悪いブーツは汗がこもって湿度が上昇し、雑菌が繁殖しやすい環境を作り上げてしまいます。この雑菌がブーツの嫌な臭いを作り出しているのです。

 

足の臭いをケアしよう

 

足の臭いは、皮膚のターンオーバーによって生じた角質が雑菌によって分解されることによって生じています。
そのため、足の角質をスッキリとケアすることが重要です。

 

足は全体重を支えているので角質が硬化しやすく溜まりやすい部分です。
角質除去グッズが多く販売されるようになっているので、これらを活用してしっかりと角質ケアを行うようにしましょう。

 

足の臭い対策に角質ケアは大事ですが、足を洗う習慣を身につけることも大事です。
外出後、汗で蒸れた足をシャワーなどで洗い流すようにしましょう。

 

ポイントは指と指の間をしっかりと洗うこと。
指の間は洗い忘れが多いですし、角質が溜まりやすい部分になります。
足を洗った後はタオルドライでしっかりと乾燥させることを忘れないようにしましょう。
また、入浴時にしっかりと洗うことも忘れないようにします。

 

毎日足の汚れが蓄積していくと、いつまでたってもブーツの嫌な臭いはなくなりません。
その日の汚れはその日のうちに落とすことを心がけましょう。

 

ブーツのケアをしよう

 

ブーツを履いた後は、汗がたっぷりとしみこんでいて湿度がとても高くなっています。
帰宅してからそのまま下駄箱に収納すると、通気性が悪い下駄箱の中でどんどん雑菌が繁殖してしまいます。

 

そこで、1度履いたブーツは通気性の良い場所で日陰干をしましょう。
また、食品に付いてくる乾燥剤を入れておくのも良い方法です。

 

できれば1日履いたら1日乾かす、
というスパンが望ましいのですが連日履かなくてはならない場合には
ドライヤーなどを利用するのも有効となります。

 

一度ブーツに臭いが付いた場合には、消臭スプレーや消毒スプレーをブーツの中に吹きかけましょう。
アルコールを配合しているウェットティッシュで靴の中を拭くのも効果的です。

 

靴下やストッキングを見直す

 

最近では吸水性に優れた靴下や、消臭効果のあるストッキングが販売されるようになりました。

 

中でもイオン分解消臭効果が付加されている靴下やストッキングはブーツの臭いを抑えることができるのでオススメ。その他にも、足の臭いを抑えるデオドラントスプレーをブーツを履く前に吹きかけておくのも効果的。

 

オフィスではサンダルを

 

デスクワークの仕事をしている人などは、勤務中ずっとブーツを履いていなくてはなりません。
数時間もじっとブーツを履き続ければ、ブーツの中が蒸れて臭いがするようになるのは当然のこと。
可能であれば、オフィスにサンダルを用意しておいて履きかえるようにしましょう