もしかして今も臭ってる…?加齢臭が発生する年齢とは

加齢臭はいつ頃から発生するのか

加齢臭の発生年齢は非常に個人差があります。
一般的には男性が40代前後、女性が50代以降と言われていますが、最近ではその年齢は低年齢化の傾向にあります。
つまり、早い人では20代から30代でも加齢臭が始まってしまうこともあるということです。

 

加齢臭はその名前のように「加齢」つまり「年齢を重ねること」によって出てくる臭いです。
それが若いうちから出てしまうということは、体が実年齢よりも老化していると考えられます。
20代から30代の若い時期に加齢臭を感じる場合は、自分の健康状態についても考える必要があるということになります。

 

自分はまだ大丈夫と思っていても、実はまだ若いのに加齢臭が始まってしまう可能性もあるということは頭に入れておく必要があるでしょう。

 

30代の加齢臭

男性の30代も体臭が心配になってくる年代です。
加齢臭が始まる人もいますが、この年代は加齢臭に加えてもう一つ注意しなければならないものがあります。
それは「ミドル脂臭」といいます。

 

ミドル脂臭は、30代の男性が気を付けなければならない臭いの一つで、首の後ろから後頭部にかけて原因物質が発生するため、よく枕などに付着してしまう臭いです。
汗をかいたときにはしっかり拭いて、清潔にすることで防げる部分もありますが、日頃の生活習慣が影響しやすい臭いです。

 

40代以降の加齢臭

男性の40代は本格的に加齢臭が発生してくる時期といえます。
頭皮や耳の後ろから臭いがすることが多く、耳付近の臭いには注意が必要です。

 

40代から加齢臭が本格的になってきますが、時期的にミドル脂臭も同時発生している場合が多いといえます。
加齢臭とミドル脂臭は、原因物質にも差があるため、性質の違う2つの臭いが混ざり合って、さらに臭いをきつくしてしまう可能性が高いのです。
よって、体臭に非常に注意が必要な世代となります。

 

女性の場合

女性の場合は加齢臭発生の年代は男性と少し違ってきます。
女性は更年期といわれる50歳前後から加齢臭が始まるのが一般的です。

 

しかし、一般的に女性のほうが男性よりも加齢臭は少ない傾向にあります。
臭いが少なく、女性のほうが臭いには敏感で清潔にしている場合も多いため、実際は臭いに気づかないこともありますが、更年期の時期は加齢臭に注意する必要があります。

 

このように、男性も女性も加齢臭の発生には年齢によって差があることがわかります。
加齢臭の低年齢化を考えると、20代のうちから加齢臭について気を付けるという意識が必要になってくるのが現状といえるでしょう。