そもそも加齢臭って何?加齢臭の基礎知識について記事一覧

加齢臭の歴史もともと日本人は体臭が少ない体質でした。それは、肉類や脂分の多い食事をあまりせず、野菜や魚を多く食べる和食中心の食生活を送っていたためと言われています。しかし、日本人の食生活が欧米化していくにつれ、体臭の問題がクローズアップされるようになりました。特に、中年以上の男性が発する臭いが目立ち、おじさんの発する臭いとして「オヤジ臭」などと呼ばれていました。

加齢臭はいつ頃から発生するのか加齢臭の発生年齢は非常に個人差があります。一般的には男性が40代前後、女性が50代以降と言われていますが、最近ではその年齢は低年齢化の傾向にあります。つまり、早い人では20代から30代でも加齢臭が始まってしまうこともあるということです。

加齢臭は体全体から臭うわけではありません。臭う場所は一部ですが、その一部からの臭いが体全体の臭いとなってしまうので注意が必要です。では、加齢臭が発生する場所とはどのような特徴があるのでしょうか?加齢臭を発生させる原因は「ノネナール」という物質ですが、このノネナールを作りだす素となるものの1つである「過酸化脂質」は皮脂が酸化されて作られます。つまり、加齢臭が発生するには脂質が必要なため、皮脂の分泌が...