加齢臭対策用の石鹸ってどうなの?

加齢臭対策石鹸とは、加齢臭の原因物質であるノネナールを除去するために作られた石鹸です。

 

加齢臭の原因であるノネナールは、
普通の石鹸やボディーソープでは落とすことは難しいのが現状です。
そのため、加齢臭に特化した石鹸やボディーソープが開発されています。

 

加齢臭対策石鹸には、様々な体臭に効く成分が配合されています。
それらは、通常の汚れを落とすだけの石鹸には含まれていないものです。
加齢臭対策石鹸を使って正しく体を洗うことで、加齢臭も洗い流してしまいましょう。

 

 

加齢臭対策石鹸に含まれる加齢臭に効く成分

加齢臭対策石鹸に含まれる加齢臭に効く成分は、
柿タンニン・竹炭・茶カテキン・抗酸化物質などです。

 

柿タンニン

柿タンニンは「柿渋」に含まれる渋味成分のことで、ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは抗酸化作用を持っており、
このポリフェノールが悪臭成分を臭いのない物質に変化させる効果があります。

 

また柿タンニンは殺菌作用も高いため、雑菌の繁殖による臭い対策にも有効です。

 

茶カテキン

茶カテキンも柿タンニンと同じようにポリフェノールの一種なので、消臭効果が高い成分です。

 

竹炭

竹炭は、竹を高温で焼いて炭化させたものです。
竹炭には、肉眼では見えない小さな穴がたくさん開いており、
その穴が臭いの元を吸着するという性質があります。

 

 

加齢臭対策石鹸の選び方

加齢臭対策石鹸も様々なものがありますが、選ぶ際に気を付けたいところがいくつかあります。

 

まず、加齢臭、つまりノネナール対策に特化しているものを選びましょう。
ノネナールは加齢臭特有の物質なので、ノネナールの表記のあるものを選ぶと安心です。

 

次に、加齢臭に効く成分が配合されているか確認しましょう。
その成分は、できるだけ多く入っているほうが効果も高いので、
できれば配合量の多いものがよいでしょう。

 

そして、価格です。
残念ながら、加齢臭は継続して対策をしていかなければいけないものです。
つまり、少し使って、臭いが気にならなくなったからとやめてしまうと、
また臭いが出てきてしまうのです。継続できないものでは意味がないのです。

 

あまり高い石鹸を選ぶと、継続して使うものが難しくなる場合もあるので、
自分が無理なく出費できる範囲の価格のものを選んで続けていくことも必要になってきます。