女性にも加齢臭はある!臭い始める時期とその特徴

女性の加齢臭の特徴〜女性の加齢臭はどんな臭い?〜

加齢臭というと、どうしても男性のものというイメージがあります。
しかし、実は女性にも加齢臭はあります。

 

加齢臭があるのに、目立たないのには様々な理由があります。
男性より女性のほうが、臭いに敏感で臭わないように気を付ける人が多いというのもありますが、女性ホルモンの働きも関係します。

 

女性ホルモンは、皮脂分泌を抑える働きを持っているため、加齢臭の原因となるノネナールを作り出す脂肪酸や過酸化脂質の元となる皮脂が少なく抑えられているのです。そのため、女性は加齢臭がない、またはあったとしても男性よりは弱いというイメージなのです。

 

女性の加齢臭の時期とその原因

しかし、女性もずっと加齢臭が目立たないわけではありません。
女性ホルモンによって皮脂の分泌が抑えられていますが、女性ホルモンが少なくなってくると男性ホルモンの働きが強くなり、皮脂の分泌が増えてしまうのです。
皮脂の分泌が増えるということは、加齢臭が強くなってしまうということにつながります。

 

つまり、女性に加齢臭が出てくる時期は一般的には女性ホルモンが減り始める35歳以降と言われています。
最初のうちは気づきにくいかもしれませんが、その後更年期を経て閉経する頃にはかなり強くなると考えられます。

 

男性の加齢臭は男性ホルモンが原因で、男性ホルモンが年齢を重ねると共に減ってくると、加齢臭も弱くなっていきますが、女性の場合は、女性ホルモンの減少と共に加齢臭が強くなるのです。
加齢臭がする期間としては、男性よりも女性のほうが長くなる傾向にあるのです。

 

加齢臭を強くしないために気を付けること

加齢臭を強くしてしまう原因として、食生活や生活習慣に気を付けなければならないのは、男性も女性も同じです。
皮脂の分泌が増えれば臭いは強くなってしまうので、脂の多い食事を避けるなどは基本的に同じと考えていいでしょう。

 

そして、ストレスにも注意が必要です。
30代の若いうちに加齢臭がするようであれば、過度のストレスによりホルモンバランスが崩れ「若年性更年期障害」の症状が現われている可能性があります。

 

よく、女性の男性化という言葉が言われていますが、男性顔負けの仕事ぶりの女性も非常に多くなっています。
日頃から大きなストレスを抱えていたり、生活習慣や食生活の乱れからホルモンバランスが崩れてしまい、男性のように皮脂分泌が増えてしまい、加齢臭が引き起こされることもあります。

 

ホルモンのバランスが乱れることは加齢臭につながるので、ストレスなどにも注意していく必要があります。