男性の加齢臭はいつ頃から始まる?

男性の加齢臭の特徴〜男はいつから臭い始める?〜

 

加齢臭がしてくる時期は非常に個人差が大きく、その人の皮脂の量や生活習慣、肥満度や食べ物の嗜好など様々なことが影響してきます。
早い人は20代のうちから加齢臭がする人もいますが、若い時からの加齢臭は病気が隠れている場合もあるので、注意が必要です。

 

そして、一般的にはだいたい平均は30代後半ぐらいからと言われています。
ある日突然臭うようになるのではなく、少しずつ年齢を重ねるにつれて臭いが強くなるので、臭いに慣れてしまって気づくのが遅れてしまい、かなり臭っているにも関わらず自分ではわからないということもあります。

 

ピークは40代後半から60代で、その後、臭いは弱くなっていきます。

 

男性の加齢臭の原因は?

男性の加齢臭は、分泌される皮脂の量が大きく影響しており、女性より皮脂の量が多い男性のほうが加齢臭は強くなる傾向にあります。
皮脂量が多いということは、その分、加齢臭の原因物質であるノネナールを作り出す元となる「過酸化脂質」と「脂肪酸」が増えてしまうため、ノネナールの量も増えるからです。

 

男性にとって加齢臭のピークの40代以降は、仕事などでのストレスも多い傾向にあります。
さらに、食習慣や生活習慣の影響などもあり、体内の活性酸素も増えてしまいます。
活性酸素も加齢臭を強くする原因となります。

 

皮脂の分泌には食習慣や生活習慣以外にも男性ホルモンが大きく関係しており、男性ホルモンの分泌が多いとそれが皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌が増えます。
したがって、年齢を重ねていき、男性ホルモンの分泌が少なくなってくると、皮脂量が減り、加齢臭も弱くなってくるのです。

 

男性が気を付けること

男性の場合は、皮脂の分泌量が加齢臭に大きな影響があるため、皮脂の分泌が過剰にならないような対策をすると良いでしょう。

 

皮脂の分泌は男性ホルモンの影響もありますが、それ以外にも分泌が増える原因となるものはいくつもあります。
特に、食生活は皮脂の分泌に影響します。
脂の多い食事を食べることが多かったりすると皮脂が多く分泌されるのです。

 

また、男性は女性よりも体温が高く、汗もかきやすい傾向にあります。
汗と皮脂が混ざり合うとさらに臭いが強くなるので、汗対策も気を付ける必要があります。