メタボリは加齢臭の元?太っていると加齢臭が強くなる

肥満と加齢臭の関係

加齢臭の原因となる物質「ノネナール」は、脂肪酸が過酸化脂質を分解して発生する物質ですが、脂肪酸も過酸化脂質も体内の脂肪分が大きく関わっています。
基本的に肥満の人は体内の脂肪の量が多いため、ノネナールの元となる物質も多く、ノネナールもたくさん作り出してしまい、加齢臭を強くしてしまうということになります。

 

また、加齢臭ではありませんが、肥満の人は汗をかきやすい傾向にあります。
それは、肥満の人の場合は皮下脂肪が厚いために、一度上がった体温を下げるのに多くの汗が必要なため、汗を多く出す必要があるからです。
また、運動不足の場合は、少し動いただけでも汗をかいてしまうので、同じように動いても肥満の人のほうが多く汗をかくことになります。

 

このような状態でかく汗は「悪い汗」である場合がほとんどで、老廃物などが含まれているため、臭いもきつくなってしまうのです。
この臭いは加齢臭と混ざりあう可能性が高く、一緒になるとさらに強い臭いになってしまいます。

 

肥満を解消しようとしても発生する加齢臭

では、痩せれば加齢臭をすぐに解消できるのかと言うとそうでもありません。
解消するどころか、悪化させてしまう可能性が高いのです。

 

肥満の人がダイエットをしようとすると、まず中性脂肪を燃やすことになります。
この中性脂肪は燃えると脂肪酸に変化してしまうため、ノネナールの原因物質を増やし、加齢臭が増してしまうという結果になります。
つまり、加齢臭を改善しようとダイエットを試みても、そのダイエットが原因で加齢臭が悪化する可能性があるということです。

 

さらに、食事を制限するダイエットの場合は、ダイエット臭とも言われる「アンモニア臭」が発生します。
これが加齢臭と結びつくと、さらに臭いを強くしてしまうのです。

 

肥満の人がまず肥満を解消するためにすることは運動でしょう。
適度な運動は脂肪酸を作り出すことがないので、適度な運動と食事の管理を組み合わせて、無理のない範囲でのダイエットが適切だと言えます。

 

 

痩せている人でも要注意

加齢臭は、肥満の人だけが気を付ければよいというものではありません。
見た目は痩せていても体脂肪や内臓脂肪が多い人は、肥満の人と同じように加齢臭を悪化させやすい傾向にあります。
常に自分自身の脂肪の状態はチェックしておいたほうがよいでしょう。