あなたの肝臓は大丈夫?肝機能の低下がもたらす加齢臭とは

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、不調や痛みなどが出にくい臓器と言われています。
臓器の中では最も大きく、様々な役割を担っています。

 

消化を助ける役割

胆汁という脂肪やタンパク質、糖質の消化や吸収を助けるための液体を分泌し、体への消化吸収を助けます。
この胆汁が不足すると、栄養を十分に取りこむことができなくなったり、消化不良を起こすことがあります。

 

栄養を加工して蓄える役割

食べ物で摂取した栄養はそのままの形では、体に吸収することができません。
肝臓は、栄養素の形を化学変化させ、体に吸収させ、肝臓内に蓄えます。
そして、体内でその栄養が足りなくなったら体に送り出すということもしています。

 

毒を中和する役割

肝臓はアルコールや、アンモニア等の有害物質を解毒する役割があります。
毒を中和し、排出する手伝いをするのです。

 

肝臓と加齢臭の関係

肝臓は、加齢臭とも関係があります。
肝臓は脂肪などの栄養素の消化吸収を助ける役割がありますが、肝機能が低下してしまうと、この役割が十分果たせなくなります。
そして、太ってしまったり、胃腸の調子が悪くなるなどの症状が出る可能性もあり、代謝も落ちてしまいます。

 

代謝が落ちるということは脂肪が消化されないということになり、ノネナールの原因となる脂肪酸や過酸化脂質を増やす結果となります。
それが、加齢臭の悪化につながっていくのです。

 

 

肝臓か関わる様々な臭いと病気の可能性

肝臓は加齢臭にも間接的に影響を与えますが、実は肝臓が直接影響することにより発せられる臭いもあります。
そのうちの一つが「疲労臭」というもので、ストレスやお酒などの影響で肝機能が低下し、体内に残った乳酸やアンモニアが汗として一緒に分泌されるときに発生します。
それ以外にも「ネズミ臭」といわれるものもあり、そのような臭いがしたときは肝炎の疑いがあるとも言われています。

 

加齢臭が気になる時期は肝機能にも気を付けなければならない時期と重なるため、加齢臭だと思っていた臭いが実は肝機能の低下や病気によって引き起こされている可能性もあります。
肝臓は、不調に気づいたときには既にひどい状態ということがある臓器なので、臭いが気になったら検査をしてもらうなどの対応も必要でしょう。