女性特有の悩み

 

女性特有の体臭の悩みにおりものの臭いがあります。

 

成人女性なら当然のことなのですが、デリケートな部分の臭いになるのでなかなか人に相談できなかったり、病院にいくのも恥ずかしいという人が多いです。

 

おりものの臭いは個人差が大きいため、
体臭として周囲が分かる程度の人もいれば、全然分からない人もいます。

 

体臭からおりもの臭が強くする場合にはなんらかの異常をきたしている場合もありますので、早めの対処が必要になります。

 

 

おりものについて

 

おりものは頸菅粘液や子宮内膜液などの分泌液のことを言います。
ほとんど水分によって構成されているのですが、ハイドロカーボンやエステル(コレステロールの一種)、
グリセライド、脂肪酸などが含まれているため酸化すると臭いを放つようになります。

 

おりものは常に分泌されているのですが、排卵前や月経前、妊娠中に増加する傾向にあります。

 

おりものの臭いについて

 

正常なおりものであっても、多少は臭いがするものです。
しかし、病気や膣内に傷が付いた場合などに臭いが異常に強くなったり、変色したり、量が極端に増えたりします。

 

体質による部分が大きいのですが、
普段と違う何かを感じたら性病の可能性もありますので産婦人科で検査を受けることが大切です。

 

おりものの臭いが強くなる主な原因は以下のようなものがあります。

 

性器が不潔になっている

 

生理用品を長時間取り替えない下着を取り替えない入浴を怠るなど性器を不潔にする状態が続くと雑菌が繁殖するようになります。これによっておりものの臭いが強くなるケースが多いです。

 

また通気性の悪い下着や締め付けの強い下着も同様に殺菌の繁殖を高めてしまうために要注意。

 

子宮内膜炎が原因

 

おりものの色が黄色がかったり、量が極端に増えているようであれば子宮内膜炎の可能性があります。
同時に発熱、腹痛などがある場合にはさらに可能性が高まりますので早急に病院に相談するようにしましょう。

 

性交渉が原因

 

性交渉によって膣内に雑菌が侵入することでおりものが一時的に増える場合があります。
また、膣内射精によって本来酸性である膣内
アルカリ性、もしくは中性になることで雑菌が増えておりものの量が増えることがあります。

 

子宮頸がん、子宮体がん

 

おりものに血液が混じって赤茶色になっていたり、赤くなっている場合には子宮頸がん子宮体がんの疑いがあります。
強い臭いを伴って量が増加しますので、これらの傾向が見られたら産婦人科に相談するようにしましょう。

 

淋病

 

おりものの色が黄緑っぽい、あるいは茶色のようになっていると淋病の可能性があります。
臭いがとても強烈で、排尿痛を伴うケースが多いです。

 

膣カンジダ

 

膣カンジダはカンジダ真菌というカビによって起こる細菌感染症の一種です。
おりものが白かったり、黄色っぽくなります。
また、チーズのような固形状のおりものが多く出るようになります。

 

おりものによる体臭対策

 

おりものの臭いが体臭として感じられる場合には、適切な対策方法を行う必要があります。

 

膣内を過剰に洗わない

性器の清潔を保つことは大事なことです。
しかし膣内を過剰に洗うと、免疫機能の低下に繋がってしまい、自浄作用が低下して雑菌の繁殖が起こる場合があります。

 

そのため、膣内の過剰な洗浄やビデの多用は控えるようにしましょう
臭いが気になるという方は、強く擦ったりしないで優しく洗い流す程度で十分だということを覚えておきましょう。

 

清潔な下着を選ぶ

下着は毎日清潔なものと取り替えるようにしましょう。
下着は雑菌が繁殖しやすいので、おりものの臭いを強める原因となります。

 

通気性の良いもの、締め付け感の弱いもの、肌触りの良いものを選ぶようにします。
同様に、生理用品は小まめに取り替えるように心がけましょう。